Internal Medicine

内科




診療について

当院では風邪症状などの内科全般も診療しておりますが、慢性的に続いている「だるい」「疲れやすい」「痩せない」「からだがむくむ」などの症状が続いている方に甲状腺、糖尿病などの内分泌機能の問題を評価し、更に栄養状態の観点(オーソモレキュラー)からも状態をみることで患者さんにあった治療方法を提案します。

診療時間
9:00

12:00
一般外来
糖尿病
甲状腺
一般外来
糖尿病
甲状腺
糖質制限
一般外来 一般外来
糖尿病
甲状腺
一般外来
糖尿病
甲状腺
糖質制限
一般外来
糖尿病
甲状腺
糖質制限
×
15:00

18:00
一般外来
糖尿病
甲状腺
糖質制限
一般外来
糖尿病
甲状腺
一般外来
糖尿病
甲状腺
一般外来
糖尿病
甲状腺
糖質制限
一般外来
糖尿病
甲状腺
一般外来
糖尿病
甲状腺
×
※祝日も診察しております。

担当医が不在になることがありますので、お電話にてご確認ください

糖尿病内科

今までの糖尿病治療では、一般的にはカロリー制限食がなされていましたが、当院ではカロリー制限は行なっておりません。

カロリー制限食ではなく糖質制限食に変えることで、一番問題である食後の高血糖をなくし、神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化などの合併症のリスクを大幅に下げることができます。

もちろん、糖質制限食を勧める中でも社会的状況などから3食全てを糖質制限食にすることが困難な方もいらっしゃいます。当院では糖質制限を正しく理解し、自分に合うやり方で実施することで、生活習慣病の改善を含め、適切な薬剤の選択、早期からの血糖コントロールを目指します。

<対象疾患>

1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病

<診察内容>

血液検査、食事指導、インスリンや糖尿病薬の調整

甲状腺内科

甲状腺とは?

甲状腺は首の前方で、のどぼとけの下に位置し、蝶が羽を広げたような形をした臓器です。
甲状腺は心臓や脳・胃腸などの動きや新陳代謝を調節するため、甲状腺疾患では全身のさまざまな症状を呈することが知られています。

甲状腺ホルモンの過剰により

  • 安静にしていても心臓がドキドキする
  • 疲れやすい(しんどい)
  • 暑がりになり汗をたくさんかく
  • 手指が震えることがある
  • 体重が減る、食欲が増す
  • 月経不順
  • 下痢・・・
などの症状がみられます。
代表的な疾患 … バセドウ病 があります。

甲状腺ホルモンの低下により

  • むくみやすい
  • いつも眠い・やる気が起きない
  • 寒がりになる(冷え症)
  • 皮膚が乾燥している
  • 体重が増える、食欲の低下
  • 月経不順
  • 便秘・・・
などの症状がみられます。
代表的な疾患 … 橋本病 があります。
甲状腺疾患は、どちらも女性に多い疾患です。

対象疾患

甲状腺機能亢進症(バセドウ病、亜急性甲状腺炎など)
甲状腺機能低下症(橋本病・クレチン症)
甲状腺腫など

診察内容

血液検査、エコー検査、食事指導

糖質制限内科

当院は「糖質制限食」を指導しております。糖質制限食とは単に主食である、ごはん・パン・麺を減らすだけではなく、自分の体に必要な栄養素、特にタンパク質をしっかり補っていこう、という食事療法になります。

また、「オーソモレキュラー療法」いわゆる「血液データの深読み」をする事によって総合的な栄養状態を判断しています。どのような栄養素がどのくらい必要なのか、その「食べ方」を患者様ごとに指導し、糖質制限を上手く続けていけるようにサポートしています。
めまい、頭痛、疲れやすさ、慢性の痛みといった捉えどころのない悩みから、糖尿病などの生活習慣病まで、栄養素の過不足を調査していくことが、そのまま病気予防になり、健康長寿につながります。

<対象疾患>

1型糖尿病、2型糖尿病、妊娠糖尿病
肥満などの生活習慣病一般(高脂血症・高血圧症・高尿酸血症など)

<診察内容>

血液検査、食事指導、インスリンや糖尿病薬の調整

糖尿病入院について

今までの糖尿病治療に疑問を持っている方、このままでは合併症になってしまうと危機感を覚えている方、薬を止めたい方、しっかり糖質制限の勉強・実行したい方は、糖尿病教育入院が可能です。

なお、入院の決定は医師の判断となるので、まずは診察を受けて頂きます。
糖質制限による糖尿病治療を検討される際は当院の医師にご相談ください。もちろん、外来での治療も行っております。

入院概要
入院期間 3泊4日 ・ 1週間 ・ 2週間 ※選択制
入院前検査 心電図・胸写・検尿
血液検査 入院翌日の朝、その他医師の指示あれば行う
血糖検査 入院後3日間 1日7回測定 ※4日目以降からは個別対応
食事 糖質制限食(ごはん・パン付きません)
栄養指導 栄養士が入院中に1~2回程度訪室し、お食事についてご説明致します
外 出 外出希望の際は3Fスタッフにお申し出ください。
立体駐車場は1日1000円となります。
※外出先での食事はしない事に誓約願います。(治療効果が減少します)
その他 入院中の他院受診は出来ませんのでご了承ください。

新型栄養失調について

新型栄養失調について

分子整合栄養医学(オーソモレキュラー療法)的な考えのもと、血液の成分をしっかりと分析し、的確に判断する(深読み)ことで本当に不足している栄養素を正しく指摘します。そして、的確なアドバイスをおこない、体調不良を改善させます。

脂質不足について

健康診断などでHDLコレステロールが低いなどの指摘を受ける方は注意ですが、脂質不足が起こると脳卒中のリスクが上がります。また、脳の栄養が足りない状態になり〇○になります。ホルモンにも影響があり、男性ホルモン・女性ホルモンと低下を招きます。皮膚の乾燥が強い人や便秘になっている方は「脂質不足」の可能性がありますので、改善したいと思ったら脂質を積極的に摂取することが良いかもしれません。

身体の調子が悪い時は、身体の栄養の問題が関係していることが多いです。まずは、何が不足しているかを把握して、自身にあった食事を工夫して摂取する、またはサプリメントを摂取することで栄養補給し、より快適な生活をおくりましょう。

医療法人 堺整形外科医院
福岡糖質制限クリニック 医師 石原 信一郎

鉄不足について

栄養素の「鉄分」は医療従事者でなくても、意識して摂取している栄養素の一つです。

イライラ、不安、めまい、ふらつき、疲れやすいなどは鉄不足が原因で起こっていることもあり、爪が「柔らかく」、「平坦な形」をしている方は鉄不足になっております。

月経がある女性の大半は鉄不足であり、積極的に鉄分の摂取を薦めます。鉄分が体内に満たされることで体調の改善などに大きく貢献し、体の調子が良くなります。

身体の調子が悪い時は、身体の栄養の問題が関係していることが多いです。まずは、何が不足しているかを把握して、自身にあった食事を工夫して摂取する、またはサプリメントを摂取することで栄養補給し、より快適な生活をおくりましょう。

医療法人 堺整形外科医院
福岡糖質制限クリニック 医師 石原 信一郎

ビタミンB群不足

甘いお菓子やジュースを常に摂取している人、アルコールを多量に摂取する人はビタミンB不足に陥りやすいです。肉体の筋肉疲労やなかなか疲れがとれない方はこれに該当する可能性があります。また、口内炎が良くできる人もそうです。

身体の調子が悪い時は、身体の栄養の問題が関係していることが多いです。まずは、何が不足しているかを把握して、自身にあった食事を工夫して摂取する、またはサプリメントを摂取することで栄養補給し、より快適な生活をおくりましょう。

医療法人 堺整形外科医院
福岡糖質制限クリニック 医師 石原 信一郎

6月28日 KBC「アサデス。」の取材にて以下の内容をお答えしました。

クリックして頂くと、回答をご覧になれます。

正しい糖質制限のススメ!テレビ取材より

くだものや甘いものの他に、パン・麺・ご飯などに多く含まれている栄養素です。
速効性のエネルギーとなるものが糖質です。しかし過剰に糖質を摂りすぎると食後に血糖値が上がりやすくなり、脂肪になりやすくなります。

(そこで…)
食事のエネルギーが余る時に太ることは動物としては正しいわけですが、食後の高血糖をさけることで脂肪を作りにくくするだけでなく、生活習慣病の治療にもつながる方法が糖質制限です。
速効性のエネルギーとして少量必要な方も確かにおられますが、糖質制限的にはバツです。
果物に含まれる果糖は脂肪を合成しやすく、また体にもストレスをかけやすいからです。
バツです。これまでの情報ではカロリー制限が勧められてきましたが、食べないダイエットは体が冬眠状態になって痩せにくくなります。体の主な構成要素である蛋白質脂質を中心にしっかり食べましょう。
蛋白質は筋肉だけでなく、皮膚や骨や内臓、消化酵素、脳の神経伝達物質、細胞のエネルギー工場の材料になりますので、不足すれば脂肪を燃やすどころではなくなってしまいます。
肉・卵・チーズです。日本で手に入りやすく、調理も簡単な高タンパク低糖質食材だからです。
ただし1日に必要な蛋白質をお肉と卵で表すと、体重50キロの方でも最低肉200g+卵3個が必要です。3食と言わずちょこちょこ食べる必要があります。
バツです!いまお話した通り健康な体を作るには、お肉や卵をたくさん食べる必要があります。野菜もご飯も先に食べるとお腹一杯になりますが、野菜や穀類に含まれる食物繊維は人の胃腸で消化できないんです。大腸の腸内細菌のエサなんです。ですから、蛋白質の消化を最適化するためにもお肉卵チーズを1番、野菜が2番、最後にパン・麺・ご飯を食べるようにします。その際、8拍子で4小節数えるようにリズミカルに30回以上噛むようにします。リズミカルに噛むと副交感神経が優位となってリラックス効果が得られますし、30回以上噛むことで食べたものの表面積が1000倍になり、消化酵素による化学反応が起こりやすくなって消化を助けます。
さらに!「食直後の筋トレ!」が大事です。

筋肉は糖質を取り込む最大の臓器ですが、動物として危険から瞬発力で逃げるために優先的に、駐車場でいえば常に満車になるような仕組みになっています。食直後で今から血糖値とインスリンが増えてくるというタイミングで2.3分間、乳酸が出るレベル、こわばる強度の筋トレを行うと空車スペースができるので、食べたものが筋肉に取り込まれ、脂肪がつきにくくなります。ただし10分以上激しい運動を続けてしまうと、体がストレスホルモンを出して逆効果ですので注意しましょう。 筋トレとしては、最大の筋肉である太ももを鍛えるスクワット、安静時の酸素取り込みを増す体幹トレーニング、体温が上がり、代謝が良くなる褐色脂肪細胞を刺激する肩や背中の筋トレがお勧めです。

糖質制限勉強会のご案内

ご家庭で糖質制限食を実行するポイントなど、栄養士による1時間程度のセミナーを行っています。
また、第2火曜日(福岡スポーツクリニック)には糖質制限の人気メニューをご紹介しています。
前日までの予約が必要となりますので参加希望の方はご連絡をください。
*当院にかかったことが無い方もお気軽にご参加いただけます。

南区向新町 堺整形外科医院 福岡スポーツクリニック 3Fデイルーム

第2・4火曜日 13時00分〜  参加無料
※第2火曜日はクッキングとなっております。糖質制限メニューを試食して頂きます。
TEL:092-557-8886

西区西都 堺整形外科スポーツ&糖質制限クリニック 2F

第4金曜日 13時30分〜  参加無料
TEL:092-805-1001

アクセス

住所 〒811-1345 福岡市南区向新町1-13-43
電話番号 092-557-8886
診療時間 月-土 9:00〜12:30 / 15:00〜18:00
※祝日も診察しております。
担当医が不在になることがありますので、お電話にてご確認ください
休診 日曜日

お車でお越しの方

九州自動車道 太宰府インターより福岡都市高速道路5号線に乗り換えて、野多目インター出口を降りてすぐ右手にみえます。インター降りてすぐの交差点をUターンしてください。

1.野多目インター出口を降りて交差点をUターンします。

2.福岡スポーツクリニックの看板が目印の入り口よりお入り下さい。

3.入り口を入り、左手側に立体駐車場がございます。

Scroll to Top